大会競技規定 -FOOTBALL COMPETITION 2017- 

※試合形式により、変更の可能性がありますので、予めご了承ください。

①本大会は、原則として日本サッカー協会競技規則に準ずる。(2016年5月19日にJFAから発表された改定に準じます。)
※1 ペナルティーエリア内での「決定的な得点機会の阻止」を原則的に警告とする。ただし、著しいファールなどは引き続き退場とする。
※2 キックオフの際、ボールはどちらの方向に蹴っても良い。

②試合時間は、25分-5分-25分。予選は同点でも延長戦・PK戦は行わない。
予選リーグは勝点制とする。勝点は1勝につき勝点3、引分の場合は両チームとも勝点1。
順位別トーナメント戦で同点の場合は、勝負を決定する時のみ、即PK戦を行う。(決勝戦も同様)

③主審は本部が用意。副審は副審割当表に従って各チーム1~2名を出す。
※副審はスパイクまたはアップシューズを着用すること。(裸足・サンダルは禁止!)

④副審は原則として試合開始15分前までに各会場本部に集合し、次の試合の主審と打ち合わせをする。

⑤副審が試合開始までに集合しない場合は、該当副審の所属チームの勝点をペナルティーとして1点減点する。

⑥レッドカードを出された選手は即座に退場。その選手は次の試合1試合出場できない。
また、警告(イエローカード)を1試合中に2枚出された選手は、即座にレッドカードを出され退場。
次の試合1試合に出場できない。
※大会期間中、イエローカードが累積で3枚となった選手は、次の試合1試合に出場できない。
※審判に対する抗議はもちろん、執拗な質問、アピールプレイも警告(イエローカード)の対象となるので充分に注意すること。

⑦選手登録人数に制限は設けない。
選手交代人数に制限なし。リエントリー不可。※Try & Errorはリエントリー可
試合開始30分前までに、大会本部に選手登録用紙を提出し、試合開始10分前に本部へ集合の上、
メンバーチェックを受けること。
選手交代は、交代する選手が第4審判(予備審判)に申し出て許可を得てから交代すること。

⑧複数エントリーしているチーム内での選手の二重登録は認めない。
もし発覚した場合は、その試合を没収試合とし、相手チームの不戦勝とする。不戦勝の勝点は3点、スコアは3-0とする。
※Try & Errorは二重登録可

⑨試合開始時間に選手が6名以下しか集まらない場合(7名はOK)、そのチームは不戦敗とする。
不戦勝の勝点は3点。スコアは3-0とする。

⑩リーグ戦の順位決定方式は下記のとおりとする。
 Ⅰ勝点の多いチーム(勝3点、引分1点、負0点)
 Ⅱ得失点差の多いチーム(+)  
 Ⅲ総得点の多いチーム  
 Ⅳ直接対戦の勝者  
 Ⅴ反則ポイントが少ないチーム
  ・警告:1ポイント
  ・警告2枚での退場:2ポイント
  ・一発退場:3ポイント
 Ⅵ大会本部による抽選

⑪対戦チームのユニフォームが同系色の場合は、両チームの代表者で話し合い、決定する。

⑫眼鏡の使用は安全性の高いスポーツ眼鏡のみとする。

⑬スネには必ずシンガード(レガース)を着用すること。

⑭ピアス・指輪・ネックレス等、貴金属の着用は認めない。

⑮悪天候時は、大会運営委員長の判断により試合時間を短縮、または中止・延期する場合がある。
ただし、落雷など、急な危険をともなう場合は、選手・関係者の安全の確保を最優先に考え、大会運営委員長の判断を待たずに、
審判もしくは大会スタッフの判断で、試合を中断あるいは中止する場合がある。
試合途中の中止の場合、その時点でのスコアを採用する。試合開始前の中止の場合は、両チーム引分とし、勝点は1.5点、スコアは3-3とする。
延期の場合、翌日に試合時間を短縮して行う場合がある。



≪ゲームをより楽しんでいただくためのお願い≫

●ユニフォーム(シャツ・パンツ・ストッキング)は、メインとサブをご用意ください。
(メインのみだと、同系色で重なった場合、ゲーム中にチームを見違う可能性が非常に高いです。)
●「試合開始時間」とは、タイムスケジュール通りの試合開始時間のことです。前の試合が押した場合でも、各チームその時間に合わせて集合してください。
 本部からの伝達があった場合はそちらを優先してください。
●テーピング・コールドスプレー等の医療具等は、各自・各チームでご用意ください。